プロフィール

ここでは、「プロフィール」 に関する記事を紹介しています。

squeeze_present.jpg


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぺん




「プロフィール画像はやっぱり写真が
信頼度が高いんでしょうか?
私は自信がないのでアバターをと思っています」


一週間前、これからアフィリエイトをはじめるという
方のご質問です。




私が2009年にはじめてブログを作るときに
先輩アフィリエイターから聞いたのは
動物、風景<アバター<顔写真の順番で信頼が
あがると聞きました。



それは私が当時手にした王道商材にも
「顔写真をアップすれば信用度があがります」
と書かれていた記憶があります。


「そんなものか・・」
と思いましたが、容姿にそれほど自信が
なかった私はアバターを使用してきたのです。





それから4年間、健康系、恋愛系、ビジネス系様々な
ジャンルのアフィリエイトをしてきて気がついた
ことがあります。


それはプロフィール画像にもジャンルによって
『戦略』が必要ということです。




例を挙げます。

ビジネス系であった場合、顔の善し悪しは
あまり関係ありません。
身長も低さもデブでも年齢も関係ないです。
読者は「稼ぎ方」を知りたいだけだからです。



ただしビジネス系写真は、ある一点を誤ると
致命傷になります。



ヨレヨレのシャツを着てボサボサの髪で
散らかったアパートの一室で撮影された本人が
口で、あるいはコピーで語る「銭を稼ぐ方法」
に説得力はあるでしょうか?


強烈な実績があれば話は別ですが、まず信用
できないと思います。




こういう写真を載せるくらいなら
アバターを使うほうが何倍もマシです。



写真を載せるメリットがあるなら当然使うべきだし
デメリットになるなら使わない方が良いです
それが戦略です。





最近、Youtubeで動画を配信して
ブランディングする方も
増えてきました。



最近プロフィール代わりに”お金儲け成功法則”
を語っている方の5分弱の動画を見たのですが
暗めのアパートの一室で食べかけのカップヌードルが
載ったテーブルが画面の隅っこに映って
しまっていました。

これで、いくら熱く語られても説得力はゼロです。




動画は映ってはいけない物がチョロっと見えているだけの
『撮影環境』が死を招きます。



なにも高級ブランドのシャツを着ろと言っているのでもなく
高級ホテルのラウンジで撮影しろと言っているのでもない

打ちっ放しのコンクリート壁や白い壁を背に
清潔な身なりで撮影するだけで印象は変わります。




稼ぐ方法を語るなら最低限の『撮影環境』は
見てくれる人へのマナーです。




そんなアバターにも数年前から差別化の波が
押し寄せてきてます。
「他人と同じはイヤ」という声に応えるかのように
多くの無料作成サービスが出てきています。



しかし、誰もが使えるサービスであれば
あなただけのアバターはありえません。


メジャーな有料サービスももはや
かなり似たようなタッチのものが
多くなっています



そこで、こんな作成サービスはいかがでしょうか




ストリートで1000人以上の似顔絵を描いてきた
プロのイラストレーターさんとの作成サービスです。











スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。