ブランディング

ここでは、「ブランディング」 に関する記事を紹介しています。

squeeze_present.jpg


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブランド



「ブランディングというけれどよくわかりません。
ブランディングって何ですか?」



とてもよく耳にしますが、理解している人は
私の経験上、10人に1,2人しかいません。
その理由は”曖昧”だからです。



”コピーライティング、SEO・・”
これらは聞けば、具体的にわかります。
ところがブランディングはなんとなく
つかみきれないですよね。




今はアフィリエイターがあふれている時代です。
景気も一刻の油断も許さない中、これからも
副業リーマンや主婦の方を中心にアフィリエイト
へ参入する方がドンドン増えていくことでしょう。




ブランディングを構築すれば後発組のあなたでも
羨望の目で見ていた上級アフィリエイターを一気に
抜き去って半永久的に熱狂的な信者レベルのお客さんに
囲まれ稼ぎ続けることができます。



もしブランディングをおざなりにしたままなら
365日ひたすらマウスを手にカチカチ作業し続けても
報酬はインフォトップの最低支払い可能残高
5000円にすら届かない可能性が高いです。



ブランディングに四苦八苦している方は
この先をじっくり読み進めていってください。




私はよく「お客さんをファンにしましょう!」
と言う話をします。

簡単に言えばお客さんに『自分を好き』
になってもらえばいいのです。




*見込み客にとってどれだけ価値ある情報を
持っているのか

*自分がどれだけすばらしいのか、
そして信用されているのか



そういう点をわかってもらえるように
お客さんを時間をかけて教育して
伝えていきファン化します。




そのコツをお話しします。


私は3日前、地元で開催しているワードプレス教室を
PPCで広告するためにキーワードを探していました。

出来るだけコストを掛けず効率よく
集客するコツは『複合キーワード』です。

アフィリエイターはお得意でしょうが
「地域+○○」のように2つ以上の
キーワードを組み合わせて使います。




SEOでも同じですよね
「アフィリエイト」というメジャーな
キーワードだとライバルが無数で強力な
サイトがひしめいています。

その中であなたが上位表示を狙うのは
どう考えても無謀な挑戦です。

そこで複合キーワードを使うのです。

「アフィリエイト 稼ぐ」

⇒「アフィリエイト 10万 稼ぐ」

⇒「アフィリエイト 10万 主婦 稼ぐ」

こうしていくと一気にライバルが
少なくなります。

これが上位表示のキーワード選びの基本です。





ブランディングも複合キーワードと同じように
考えてみてください。

ある起業家さんは体にとても興味があり
Facebookで健康法やサプリメントの
話題を毎日のように投稿していました。

ご本人は楽しんで更新していたのですが
いつの間にか”健康オタク”という
イメージができあがっていたのです。

今ではサプリメントを扱う楽天ショップの
コピーを請け負ってライターとして活躍も
しています。



起業家は世の中に数え切れないほど
存在しています。
その中で起業家というポジションだけで
ブランディングするのはかなり難しいです。



そこで複合キーワードの思考を当てはめるのです。

健康オタク×起業家
マジシャン×起業家
お笑い芸人×起業家etc

どの組み合わせも興味深いと思いませんか。




今、ネットビジネスのランキングを
見てきましたが、ここでも

子育て主婦×アフィリエイト
大学生×アフィリエイト
コンビニ店員×アフィリエイト
元パティシエ×アフィリエイト
大学病院勤務医×アフィリエイト

などイロイロと見つかりました。



みんな、自身のキャラクター付けを
ここまでは出来ているのです。




しかしキャラを考えたら、それを生かした
情報発信をしないと意味がありません。
誰でも書ける記事を書いているなら
キャラクターは必要ないですよね。



たとえば元パティシエの方なら
「元パティシエだから書ける記事」。
自分の特徴を前面に押し出した記事を
書き続ける必要があるのです。

「この記事はパティシエじゃないと書けない」
そう読者が驚嘆してはじめてあなたの特徴を
強烈に植え付けることができます。



『○○×アフィリエイト』
この○○を三日三晩考えてください。
これが一番のブランディングです。



自分のキャラクターを強烈に押し出した記事を
書きつづければあなたの読者が信者化します。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。