時短

ここでは、「時短」 に関する記事を紹介しています。

squeeze_present.jpg


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3STEP.jpg


アフィリエイターの多くが悩み、時間を消費しているのが
『記事作成』です。

「何を書いたらいいのか・・」

「こんな内容で読者が読んでくれるのか」

「自分が言いたいことはこれじゃない・・」

これまで、こうしたお悩みメールを50通以上受け取ってきました。


昨日も私のコンサル生さんから、こんなメールが送られてきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記事を読み返せば読み返すほど不安になります。

誰も読んでくれないんじゃないかと・・

でも、「じゃあ、どう書けば・・」と言うのも
全く思いつきません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(一部抜粋)

私も同じような経験を繰り返してきたので
気持ちはとてもよくわかります。

稼げない頃の私はテーマを決めずに当てもなく
書き始めるのがいつものパターンでした。

記事を書かないとお金につながらないことは
わかっていたので「無理でも書かないといけないから書く」
と言う気持ちで書いてました。

イヤイヤ書いてるので、進みもメチャ遅いです。
しかも迷いながら書いてるのでフラフラして
意味不明の文章になっていました。


だから自分で読んで
「何を言いたいのか、よくわからん・・」と
思った瞬間、ものすごく不安に襲われました。

「こんなの誰が読むんだろう・・」
「書き直すと言っても何も思い浮かばない・・」
と頭を抱える日々が60日以上続きました。

困り果てた私は、マニュアルを読み返し購入者SNSでも
質問しまくりましたが、はっきりした答えは得られませんでした。

そこで、メルマガを購読していたブログランクトップ10の
女性アフィリエイターにはじめてメールで質問したのです。

当時の私は内気だったので普段付き合いのない人に
メールは出すような行動はできません。
でも、そのときは必死でした。

2日後、いただいたメールには
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記事は下(結論)から書いたほうがいいですよ。

そこまでのくだりは下につなげるための出来事とかを
楽しそうに書いて上げると読んでもらいやすいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今ではうろ覚えですが、こんなお返事だったと思います。


この答えには思い当たることがありました。
私は「これを伝えよう」と決めずに書いていたのです。

そもそも何を伝えたいのか、全然決まっていないので
文章を仕上げるのにとんでもない時間がかかっていました。


ためしに翌日の記事テーマを「ブログアクセスを10日で
50増やす方法」にして結論にコメント周りを紹介するという
流れを先に考えて書いてみました。

「これを伝えたい!」と思って書いた記事は
文字数が平気で1000文字を越えていたのに
30分かからず完成しました。
それまでは500文字で1時間超えていたので
3倍以上短縮できています。

具体的な数字は覚えていませんが、コメント数も
過去最高を記録しました。


このときの学びから私は毎回必ず骨組みを
最初に作っています。

おかげで最初から最後まで、
話がフラフラしない文章を
書き上げられるのです。


具体的には以下のステップで明日の記事を書いてみてください。

①読者に伝えるネタ(結論)を一つ作る

②どういう流れで伝えるかを考える

③流れに沿って記事を書く


記事作成のスピードが2,3倍あがると
こなせる作業量も劇的に増えます。

ライバルより先にキャッシュを手にできる
状態にドンドン近づいていけるのです。

あなたも是非そうなってほしいので
よかったら試してみてください
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。