ライティング

ここでは、「ライティング」 に関する記事を紹介しています。

squeeze_present.jpg


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モザイク



メルマガタイトルが目に入った瞬間
息もつかせずに本文をむさぼり読ませる
秘訣をお話しします。



これを知らずに、どんなに斬新な興味深い記事を
書いても本文のリンクをクリックされることは
ありません。



乱暴に言えば、これだけ押さえておけば
少々ライティングが”ザル”だとしても
本文を読まずにいられないのです。



それほど重要なのに”わかってるタイトル”は
ないに等しいレベルです。

試しにランキングの新着記事50位まで今
見てきましたが、上手にタイトルを
つけているのは3つだけでした。




あなたもタイトルが重要と言うことを
聞いたことがあると思います。

ただ、どのくらい重要なのかが分からないと
思いますので具体的な数値をお伝えします。



私の場合ですが
タイトルが良い場合、5,6人に一人が
メルマガをクリックしています。

悪い場合は20人にひとり、30人にひとり
のようにドンドン反応率が下がっていく
ということです。




私にも偉そうに言えない過去があります。

2009年にメルマガをはじめて20人にひとり、
という悪夢のようなクリック率が180日以上
続きました。


計算してみます。
当時の読者数が500人くらいです。
20人にひとりがクリックしたとすると
25人がクリックしていることになります。

クリック率は0.05です。


周りのライバルは悪くても1~2%は
出ていました。




「自分には向いてないかもしれない」

「俺には出来ないんじゃないか・・」

毎日、そう思っていました。




「ライバルの記事よりも俺のほうが
質が高い記事なのに・・」

そうライバルに嫉妬していました。




しかし、私は本文以前にタイトルで
取り返しのつかない”過ち”を犯して
いたのです。




メルマガに限ったことではなくブログ、
LPなどにも共通して言えることなのですが、
タイトルは魅力的である必要があります。



魅力的でなければ興味を惹かないので
反応は下がり、あなたのメッセージは
読み手に届きません。




でもタイトルですべてを言って
しまったらそこで『ジ・エンド』です。




タイトルで答えを出してしまっては
イケナイのです。
タイトルに本文のコア部分を入れたら
一気に読まれる率が急降下します。




たとえば
『サッカー日本代表内田篤人、代表続行!』

こう書かれたメルマガが来たら、開けずして
「ウッチーが代表続けるんだな」とわかって
しまいます。

『内田篤人、代表続行の笑顔の決断の裏側に
隠された1通のメッセージとは!?』

このような件名にすることでメルマガを
開封しないとメッセージ内容が分かりません。

そして、「笑顔」と「裏側に隠された」という
対義語を組み合わせることで興味心を
刺激しています。


こうしたテクニックは前回いくつか紹介しています


お客さんは毎日忙しくて時間がない中で
私たちの文章を読んでくれています。

捨てるメルマガと仕分けるために
ナナメ読みしているだけかもしれません。


だから「どうしたら1文字でも読んでもらえるか」
という前提で文章を書く必要があります。

それはタイトルでも同じです。


今日のメルマガ件名に9割の力を注いでください。

精読率が劇的にアップします

スポンサーサイト
seiniku.jpg




「メルマガを書いてもクリックがありません」

「読まれているのか心配でたまりません」


私に届く相談メールのベスト3に入るほど
多くのアフィリエイターが悩んでいます。



先週土曜日、私はスカイプで無料の
コピーライティングセミナーを
開きました。

⇒ その様子はこちら




「ライティングを勉強するのは
初めてで楽しみにしています」

と言う方から私のコンサルに
すでに参加してくれてる方まで
セミナー参加者さんは様々です。




参加者さんに事前にお願いした記事に
反応が取れるコピーの約束事に沿って
アドバイスをさせていただきました。




しかし、すべての人の文章に共通する
ある”問題点”が発覚したのです。


これを放置しておくと、あなたから
商品を何度も買ってくれる優良顧客にも
「そんな人だと思わなかった・・」と
捨てセリフを吐かれる可能性が高いです。




メルマガのクリックが2%台のころの私も
この問題点に気づけていませんでした。



そして当時の読者579人のうち31人に
解除される散々な目に遭ったのです。



あなたにはそんな目に遭ってほしくないので
ここからはさらに集中して読み進めて
いってください。





例を挙げます。

「私が結婚した夫は会社を退職し、仕事も探さず
半年間ノラリクラリとニートのような生活をしています」

この文章にはムダな言葉がいくつかあります。




*夫であれば結婚していて当然なので
「結婚」という言葉は不要です。

*「会社を退職し、仕事も探さず
  半年間ノラリクラリとニートのような生活」
 は「無職」の一言で片づきます。

*「ノラリクラリと」もなくても意味は
通じるのではっきりいってムダな
言葉です。




最終的に
「夫は半年間無職です」
で十分通じます。





少し極端な例を出しましたが
文章にムダな言葉があると読みづらい
だけでなく誤解を招くこともあります。



あなたが伝えたいことも正しく
伝わらないのです。





『一文字でもカットする』

このことを意識して書くだけで
”文章が読まれない”という恐怖
から今日にも抜け出すことができます。





最後にムダな言葉を排除して文章の
贅肉を削ぎ落とす良い練習法があるので
ご紹介します。




それは”短文で書く”ことです。




一段落は4行までに押さえてください。
5行以上になる場合は文章を
2つに分けます。



短文で書くことを身につければ、
ムダな言葉が入り込むスペースは
ありません。





読まれる文章はわかりやすいです。

奇をてらった表現も凝った表現も
煽りの言葉も必要ないです。




わかりやすさを徹底的に
追求してください。



それが、あなたの記事を心待ちにする
ファンを増やすコツです。





売れる



「ダサいページのほうが売れます。」

9/28に開催したワードプレスセミナーで
いきなり、こう言い放った私に参加者さんの
冷たい疑惑の目が集中したのです。



当然だと思います。。

98%の人たちは『見た目がキレイ』
⇒『売上げが上がる』という公式を
盲目に信じ切っているからです。



その結果、

きれいなページがカンタンに作れる
ツールやテンプレートが飛ぶように
売れています。

画像、動画を散りばめたページが
web上にあふれかえっています。




あなたが消費者ならそれで問題ありません。
しかし、販売する立場ならどうでしょうか



私は心底、販売者側の人間なので
街を歩きながら目に入る広告を見て
いろんなことを考えています。


「この広告、文字の大きさを変えたら
もっと売れるだろうな」

とか

「この広告いいなー」
とつぶやいてはニヤニヤしているのです。




こんなことを繰り返していると
あることに気づきます。
『ダサい広告』の商品のほうが
なぜか売れているのです。



ネットビジネス界でも
この傾向は同じです。




以下のレターをごらんください。

新・魔法のコピーライティング


サンダルコピーライター



2つともネットビジネス界で有名な方が
書いたレターです。




”見た目がシンプルでイマドキではない”
と感じるのではないでしょうか


しかし、このダサくて怪しいページが
とんでもない成約率を叩き出しているのです。
その理由はお客さんが、きちんと文章を
読んでくれているからです。




画像や動画がてんこ盛りのページは
華やかでインパクトがあります。
が、画像や動画に気を取られて
お客さんは文章を読まなくなります。



覚えておいて欲しいですが、お客さんは
画像や動画を見て購入を決意するのでは
ありません。


購入ボタンを押す決め手は『文字』です。





「デザインセンスが壊滅的で・・」
と言う方も安心してください。

ファッションなど見た目が重要なものは
デザインも大切です。
ただ、私たちが扱う情報ビジネスでは
文章のほうが遙かに重要です。




「でも文章も子供の頃から苦手で・・」

そういう方も安心してください。



「まったく読者の反応がゼロで悩んでいる」
「文章をどう書いたらいいか、わからない」

とお悩みの方に読者の反応をとるのに
絶対に欠かせない8つのヒミツを
『4名さま限定』の無料スカイプ
セミナーでお伝えします。



以下の画像をクリックしてフォームより
ご登録ください。

おって詳細をご連絡させていただきます。

webinarsample.png

*登録フォームのタイトルに「スカイプセミナー」と
お書きいただけるとスムーズです。



copy.jpg




最近、コピーライティングにお悩みの方々から
お手紙をいただく機会が増えてきました。


「いくら書いても読者のクリック反応が
ありません・・」

「読まれているのか、心配で心配で・・」


中には
「さくさんは私の文章、どう思われますか?」
と1000文字近くの記事を送って来た人も
いるほどです。



びっくりするくらい多くの方が
コピーライティングに
悩んでいます。。





ところが、そんな方々のメール文章を
見ただけで確実に「原因はこれだ!」
という一点が見つかるのです。



8月の後半のことですが、私の住む
マンションの外装工事が1週間
行われました。


開始前、業者が2人で挨拶に来たのですが
一人はたばこを吸いながらでした。



これからどんなにすばらしい工事が
されようが、最高の挨拶がされようが
即座にドアを閉めたい気分でした。




話以前にアウトなのです。



業者に「スーツを着ろ」とは言いませんが
清潔な身なりと態度で応対してくれれば
十分好印象を持ったと思います。


話を聞く以前に”見た目”で私たちは
判断してしまうのです。





コピーも同じで、読み手に読んでもらう
内容以前に文章の”見た目”を正しく
整える必要があります。



それが出来ていないと私が先ほどの業者に
抱いたマイナスの感情と同じ感情を
読み手に持たれてしまうのです。




「そんなことくらいで?」と思うかも
ですが「こんなことで」

『読んでもらえない・・』
『商品を買ってもらえない・・』
『クリックしてもらえない・・』
としたら、もったいないですよね。



すごく基本ですが、これなくして
反応が取れるコピーは書けません。




この動画は私のライティングコンサルに
参加してくれてる方のコピーをライブで
私が反応の取れるコピーの約束事に沿って
アドバイスしているものです。





*すでに見てくれた方がコメントを
寄せてくれました。

--------------------------------------------------------
アドバイス動画を拝見させていただきました!

すごく分かりやすくて、かつ やわらかな雰囲気の
桜井さんの声に終始見入ってました!!!

なにげない文章にも『こだわり』を持たせることによって
読み手に対して、寄り添うようなそんな文章に仕上がるんですね^^

改行一つでも見え方に差が出てしまう・・・。

動画を見ていて、わたしはそう感じさせられました。


貴重な動画をありがとうございます!

コピーライティングは、記事を書く上でも悩みの種ですね(^^;

-----------------------------------------------------------






そこでスカイプを使ったウェビナー企画を
予定しています。(web上でのセミナー)
内容は「反応の取れるコピーの基本」で
考えてます。



詳細は参加希望者に後日連絡しますので
希望者は以下の登録フォームに
メールアドレスを残してください。

反応の取れるコピーのウェビナー
*タイトル欄に「ウェビナー」と
入れて送信お願いします。



スカイプで多くの方と接続すると
不安定になるため参加者は4名限定です。


削る





「記事を書いても読まれていないみたいです・・」


その93%のアフィリエイターの悩みを跡形もなく
破壊して最後まで読者に読んでもらえる魅力的な
コピーを書くたったひとつの最重要ポイントを
お話します。



このポイントを押さえるだけで一行読んで
即、ゴミ箱行きだったメルマガも喜んで
最後まで読んでもらえるようになります。



「記事を書いても読まれていないみたいです・・」

毎日をそんな暗い気持ちで過ごしているなら
3分間だけ集中して文章を読み進めて
いってください。




私は話が長い人が苦手です。


「言いたいことがよくわからない」

「ダラダラして結論が見えなくてイライラする」

「早くこの場から逃げ出したい」


こういうネガティブな感情ばかり
生まれるからです。




相手をそんな気分にさせてしまったら
良いコミュニケーションは
生まれないですよね。



「バシッ」と簡潔に自分の伝えたいことを
伝えられてはじめて良いコミュニケーションが
生まれると思っています。。





これはそっくりコピーにも当てはまります。


「記事を書いても感想がもらえない」

「メルマガを配信してもクリックがゼロ・・」


読まれない文章は1文が長い可能性が高いです。




これまで私は107人以上の方にコピーに
アドバイスをさせていただきました。

その中、90%の方が不得手とされるのが
『一文字でも減らす』ことです。




多くの人はテクニックを追い求めますが
まず、わかりやすい文章を書くことが
何より大切です。

読み手に伝わってはじめて、あなたの
文字は命を吹き込まれることを
忘れないでください。




特徴的な例をあげます。


「○○することができるのです」
⇒「○○できます」

「私は○○というように思うんですよね」
⇒「私は○○と思います」


矢印に続くように言い換えても
十分意味は通じます。
語数も短くなっています。



この1文章だけ読むと違いが
よくわからないかもしれません。
試しに今夜配信するメルマガの文章を
上の例に従って修正してみてください。



すっきりして読みやすく、テンポも
良くすんなり最後まで読めるように
なります。



文章がはっきりして伝えたいことを
「バシッ」と伝えられるコピーは
圧倒的に短文が増えるのです。



短い文章を心がければ読者からメールを
いただけるのはスグそこです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。