ダサいけど売れる

ここでは、「ダサいけど売れる」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
売れる



「ダサいページのほうが売れます。」

9/28に開催したワードプレスセミナーで
いきなり、こう言い放った私に参加者さんの
冷たい疑惑の目が集中したのです。



当然だと思います。。

98%の人たちは『見た目がキレイ』
⇒『売上げが上がる』という公式を
盲目に信じ切っているからです。



その結果、

きれいなページがカンタンに作れる
ツールやテンプレートが飛ぶように
売れています。

画像、動画を散りばめたページが
web上にあふれかえっています。




あなたが消費者ならそれで問題ありません。
しかし、販売する立場ならどうでしょうか



私は心底、販売者側の人間なので
街を歩きながら目に入る広告を見て
いろんなことを考えています。


「この広告、文字の大きさを変えたら
もっと売れるだろうな」

とか

「この広告いいなー」
とつぶやいてはニヤニヤしているのです。




こんなことを繰り返していると
あることに気づきます。
『ダサい広告』の商品のほうが
なぜか売れているのです。



ネットビジネス界でも
この傾向は同じです。




以下のレターをごらんください。

新・魔法のコピーライティング


サンダルコピーライター



2つともネットビジネス界で有名な方が
書いたレターです。




”見た目がシンプルでイマドキではない”
と感じるのではないでしょうか


しかし、このダサくて怪しいページが
とんでもない成約率を叩き出しているのです。
その理由はお客さんが、きちんと文章を
読んでくれているからです。




画像や動画がてんこ盛りのページは
華やかでインパクトがあります。
が、画像や動画に気を取られて
お客さんは文章を読まなくなります。



覚えておいて欲しいですが、お客さんは
画像や動画を見て購入を決意するのでは
ありません。


購入ボタンを押す決め手は『文字』です。





「デザインセンスが壊滅的で・・」
と言う方も安心してください。

ファッションなど見た目が重要なものは
デザインも大切です。
ただ、私たちが扱う情報ビジネスでは
文章のほうが遙かに重要です。




「でも文章も子供の頃から苦手で・・」

そういう方も安心してください。



「まったく読者の反応がゼロで悩んでいる」
「文章をどう書いたらいいか、わからない」

とお悩みの方に読者の反応をとるのに
絶対に欠かせない8つのヒミツを
『4名さま限定』の無料スカイプ
セミナーでお伝えします。



以下の画像をクリックしてフォームより
ご登録ください。

おって詳細をご連絡させていただきます。

webinarsample.png

*登録フォームのタイトルに「スカイプセミナー」と
お書きいただけるとスムーズです。



コメント
この記事へのコメント
そね ゆうやさん
こんにちは

ライティングは資産だと思います。

一時的で廃れる物ではなく
今後一生、富を生み出し続けて
くれますよね

学ばれているのはすばらしいと思います。
2014/10/10(金) 10:30 | URL | 桜井まこと #auyQKGwQ[ 編集]
 どうもこんばんは
 アフィリエイト就職支援人@そね ゆうやです。

 私もある程度はブログの見栄えはいい方がいいかな?
 とは思っていますが、

 やっぱりライティングこそが
 学んでいく一番のポイントだと思います。

 だからこそ私も今、
 ライティングを学んでいるところですが

 応援しております
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。