記事を書くのに時間が・・

ここでは、「記事を書くのに時間が・・」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイプ




わたしはPCを使ってビジネスをする
人間にとって致命的な弱点を
抱えていました。




この致命的な弱点をほったらかしにすると
商品を購入してもらえるビッグチャンスすら
両手からスルリとこぼれ落ちてしまう可能性が
99%以上です。



つまり、いつまでたっても0円のままです。



なので、どんなに非道徳な手段を使ってでも
この弱点だけは木っ端みじんに破壊しておく
必要があります。





それは『タイピングが遅い』です。



ネットビジネスでは文字で情報を伝えることが
ほとんどです。


たとえばスカイプでのサポートも音声でなく
チャットを選ばれる方も一定数います。



なので、せめて普通の早さでタイピングできるように
しておくほうがスムーズと思います。





2009年にネットビジネスをはじめた私は
1つの記事を書き上げるのに2,3時間
かかっていました。



今では30分程度で書き上げられます。
文字数で言えば、当時の3倍くらいの文字量
を5倍の速さで書いていることになります。




単純に1記事、2時間かかっていたものが
1時間で出来れば作業効率は2倍です。
その時間で別の作業をすれば報酬までの
時間をショートカットできます。




2009年、はじめて10指でのタイピングに
挑戦しましたがどうしても人差し指以外を
使うのになじめず1日でやめてしまいました。



10指でのタイピングに慣れるまで
我慢できなかったのです。




ですから「タイピングに慣れるのが苦痛・・」
という気持ちは誰より理解出来ます。




しかし、私は副業でネットビジネスに挑戦していたので
どうしても効率的に作業する必要がありました。



そこで、どんなに時間がかかろうが
10指でのタイピングをやり遂げようと
自分に約束を課しました。




「慣れないタイピングで手に痛みが出ても
 打ち続けました。」

「変換ミスばかりで相当イライラしましたが
 我慢し続けました。」


でも10日後、スムーズに指が動くようになってきたのです。 



  

振り返ってみれば、わずか10日です。
でも私は10日という短期的な苦痛を
乗り越えられずに敗北し続けていたのです。




10日乗り越えれば、タイピングが早くなり
有効に時間を使えて報酬までが早くなるという
長期の目線を持っていませんでした。




アフィリエイトでも

『商材購入後、3日もしたら
別の商品に目移りしてしまう』

『今日は疲れてるから作業は明日から・・』


そうやって私は挫折や失敗を繰り返してきました。





『1時間後のテレビを見たい』
『寝たい』
『今夜飲みににいきたい』

という今スグの快楽を我慢できないから
私たちは挫折、失敗してしまうのです。



タイピングも同じです。



ただ文章をタイピングするだけでは
かなりつまらないと思います。

私がブラインドタッチをマスターした無料ソフト
をご紹介しておきます。


ゲームなので楽しく続けられると思います。







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。